FANDOM


Parry

主人公の息子[注 1]〔(主人公の名前)の息子〕は、ドラゴンクエストV 天空の花嫁のキャラクター。

人物解説 編集

主人公と妻の間に生まれる双子の息子でグランバニア王子[注 2][注 3]。父親と同じく長髪を後ろで結い、多数のくせっ毛が特徴の少年。母親により髪色は異なる[注 4]。主人公が行方不明となった数年後、サンチョ女の子と共に主人公たちを捜す旅に出る。その旅で石化していた主人公を救い出した後パーティーに加わる。年齢は8~10歳(主人公が妻を救うまで2年経っている)。
リメイク版では男の子が兄、女の子が妹という公式設定になっている。
性格は明るく元気で好奇心旺盛で、おねしょ癖が抜けきっていなかったり寝相が悪かったりと年相応にやんちゃな様子を見せながらも「世界を救う使命…ボクがんばるよ!」と正義感も併せ持つ。父に憧れ「ボクもお父さんみたいに、いろんな人から感謝されたい」と話す。
妹を気にかける場面もあり、会話では彼女に関することを報告したり怯える彼女を励ましたりする。食べ物の好き嫌いはないらしいが、DS版では野菜が嫌いらしい[注 5]。兄という立場から泣くことはあまりないが、母や祖母マーサと会う所では泣いてしまう場面もある。
主人公が受継ぐエルヘブン民族の血筋(リメイク版では高貴な身分に生まれる設定も追加)と妻が受継ぐ天空の勇者の血筋の混血により、伝説の勇者として目覚める(作中では「勇者の血筋からの伝説の勇者の復活」という表現がされる)。登場時8歳とシリーズ史上一番若い勇者である。祖父パパスや父が装備できなかった天空の剣を装備でき(リメイク版によると赤ん坊のときに既に軽々と振り回したらしい[注 6])、さらに天空の兜を装備するとが彼の頭の大きさに合わせて縮む現象が見られる。
武具は主人公とほぼ同じ物を装備できるが、父が装備できないモーニングスター吹雪の剣も装備できる。子供ながらちからもあり重い防具も難なく装備できる。天空の武具を装備することができる唯一の人物。武器による攻撃のほかベホイミザオリクなどの回復・蘇生呪文やスクルトマホトーンなどの補助呪文、シャナクトラマナなどのフィールド呪文をバランス良く覚えるほか、ベギラマデイン系攻撃呪文も扱えるなど主人公同様、臨機応変に対応できる。またやけつく息が効きにくい耐性を持つ。主人公家族の中でMPが若干低く設定されているが使える呪文が一番幅広く、特にスクルトフバーハベホマラーはボス戦に重宝する。
天空の兜を入手した場合、肩書きが〔(主人公の名前)の息子〕から〔伝説の勇者〕へと変化する。肩書きが変わらなくても勇者と呼ばれシナリオも変わらない。
モンスターバトルロードII』では女の子と共にプレイヤーの分身として使用可能。

脚注 編集

  1. 誕生時に自由に名前をつけられる。リメイク版では名前入力時にデフォルトで「レックス」、日本国外のDS版では同じく"Parry"の名前が入力されており、図版のスクリーンショットや公式ガイドブックなどでもこれらが使用されている。SFC版公式ガイドブックでは「ドラお」もしくは「ペペル」という名前が記載されていた。外部作品では、漫画『ドラゴンクエスト 天空物語』では「テン」、小説版およびCDシアターでは「ティミー」(フルネームは「ティムアル・エル・ケル・グランバニア」であり、小説版におけるダンカンの名前「ティムズ」から取られたという設定)、ゲームブック版では「クリス」という名前になっている。
  2. 公式ガイドブックには主人公との続柄や肩書きについて特に記されていない。
  3. 「4コマまんが劇場」シリーズでは名前のかわりに「王子」が使われていた。
  4. 母親がビアンカ・フローラ・デボラのいずれでもステータス的な違いはないが母親と同じ髪色になる。一部例外もあるが、公式ガイドブックのイラストや派生作品等ではビアンカと同じ髪色で描かれている。
  5. 小説版では「大嫌いなピーマンを早く強くなれるようにいつも残さず食べていた」と発言している。
  6. このエピソードは小説版にも存在する。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。