FANDOM


DQ05 Martha

マーサ (Mada)は、ドラゴンクエストV 天空の花嫁のキャラクター。

人物解説 編集

主人公の母親でパパスの妻(グランバニア王妃)。長髪で髪色はSFC版は緑、リメイク版は黒である。エルヘブン出身で彼女がパパスと駆け落ちして村を出たことにより、パパスは住民達に恨まれていた。邪悪な魔物を改心させる他、人間へと生まれ変わらせる力を持ち、その力はモンスターを仲間にする能力として主人公に継承されている。エルヘブンの民が持つ魔界への門を操る能力を最も強く受け継いでいたが、その能力ゆえ大魔王ミルドラースによって魔界に連れ去られた。
幼年時代の主人公はマーサが死んだと聞かされていたが、死の直前のパパスから彼女が生きていることを聞かされ、青年時代は彼女を見つけるべく旅をすることになる。大神殿ではイブールを倒した後に妻の呪いと石化を解く。そしてテレパシーらしき能力で主人公に語りかけ「魔界に来てはなりません」と告げるが、それを破り魔界に来た彼を咎めることなく受け入れ、道具を転送する場面が存在する[注 1]エビルマウンテンで息子と再会を果たしミルドラースを封じるべく全力を尽くすが、力及ばずに息絶える。リメイク版では若干シナリオが変わり、封印の最中にゲマによる攻撃を受け重傷を負い、ゲマを倒した後に再び封印に臨むがミルドラースの攻撃で息絶える。その後、幻影のパパスに諭され天に召される。リメイク版は青年時代前半の神の塔でも彼女とパパスの幻影に会うことができる[注 2]。また、リメイク版クリア後に条件を満たすとパパスと同じくエルヘブンで結婚前の彼女と会うこともできる。

脚注 編集

  1. 大神殿で入手の命のリング魔界のほこら、彼女が息絶えた後のエビルマウンテンで語る。魔界のほこらでは賢者の石も転送する。
  2. パパスの姿はSFC版は主人公と冒険した姿、リメイク版はマントを纏った王の姿である。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。