FANDOM


ラインハット王国の第一王子。緑色の髪の少年で、イタズラ好きで毎日城の人間にイタズラを仕掛けていた。実母を亡くして義母とうまく行っていなかったためひねくれた性格をしていた。遊び相手を子分にする癖があるらしくその結果、弟デールやパパスと一緒に来ていた主人公は子分にさせられた。デールを国王にするためヘンリーの始末を企てた義母の企みにより、彼は誘拐され古代の遺跡に幽閉される。その後パパスに発見されて主人公と脱走を試みるがゲマ一味に捕まり、主人公とともに奴隷として大神殿へ連れ去られる。それから時が過ぎ、古代の遺跡でのパパスの叱咤と彼の死、そして奴隷としての苦労をきっかけに素直で快活な青年に成長。主人公の親友となり青年時代前半編で彼とともに旅をする。当初は二度とラインハットには戻るまいと考えていたが、主人公の故郷であるサンタローズがラインハットによって滅ぼされた事を知り、それが自分が行方不明になった事への報復と知って責任を感じる。さらに故郷の異変の噂を耳にして、再びラインハットへ戻る。その後、悪の根源であるニセ太后を倒しデールを補佐するため離脱する。その後、想いを寄せていたマリアと結婚。白馬にまたがってラインハットから修道院まで彼女を迎えに行ったと修道院の少女が語っている。
リメイク版では名産品を受け取る際に、主人公やパパスに対しての変わらぬ感謝の思いをしたためたメッセージを読むシーンが追加されている。ただし照れくさかったため、幼少期に行った子分のしるしを応用したイタズラを再び行った。また主人公の結婚式に出席した際、誓いの口づけの時に逃げる素振りを見せる彼に茶々を入れる。
武具は主人公とほぼ同じ物を装備できるが、彼はグリンガムのムチも装備できる。またメラ・イオといった攻撃呪文や、ルカナン・マヌーサ・メダパニといった補助呪文、トヘロスといったフィールド呪文を覚える。またリメイク版では幼年時代編の最後の場面と青年時代編最初の奴隷期間中のイベント戦闘でもパーティーキャラクターの1人として戦闘に参加する。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。