FANDOM


DQ5 Pankraz

パパス (Pankraz Gotha/Petros/Ludwig/Pankraz/Russell)は、ドラゴンクエストV 天空の花嫁のキャラクター。

人物解説 編集

主人公の父親。長い黒髪を後ろで結い、口ひげをたくわえ、その気品と風格から旅先で彼を伝説の勇者と勘違いする者もいたという。グランバニア王だったが魔界に連れ去られた妻・マーサを救うため、その身分を隠し息子とサンチョを連れて天空の勇者を探す旅を続けている。その結果、天空の剣を見つけたが自分に装備出来ずに嘆いていた。アルカパダンカンとは付き合いがあるが、ビアンカのことは覚えていなかった(彼女は主人公と前に会っている)。ラインハット王にその勇猛さからヘンリーのお守り役を依頼される[注 1]が、ヘンリーが誘拐され、それを追った先の古代の遺跡にてジャミゴンズと戦闘。2体相手に圧倒し、一度は倒すもゲマに主人公達を人質に取られて抵抗できず、ジャミとゴンズに倒される。そしてマーサが生きていることを主人公に告げた直後、ゲマに殺される。
パパスの剣皮の腰巻を装備した体躯の良い戦士だが回復呪文も使える。厳しさと優しさを併せ持つが、ダンカンの風邪をうつされたり、ラインハットに赴く際に帰りそうになったりと、多少間抜けな面も見受けられる。サンタローズの村の住人達は彼の正体を知らなかったが、旅から帰って来ると話題になるなど皆に慕われており、リメイク版ではサンタローズ村が作られた際は誰よりも働いたとされている。ちなみに村に来たのは主人公の幼年時代から数えて5年前(つまり主人公が1歳の頃)で、戦士には彼のことを「村の長」と呼んでいた。また、グランバニア王都の城塞都市への改造を主導したことも語られており、こちらも住民に評判が良い。
戦闘ではプレイヤーは操作することができないNPCである。能力値は全体的に優れ特にHPが高い。1ターンで2度行動することがあり、頻繁に会心の一撃を発生させる。戦闘終了後は主人公のHPが低下していると呪文で回復する。このときのホイミは通常のものとは異なり、主人公のHPが完全回復し毒などの状態異常も治療される[注 2]
青年時代後半のあるイベントで主人公が幼年時代設定のサンタローズの村で彼に会うことができる。また、リメイク版クリア後に条件を満たすとエルヘブンで王子時代の彼と会うこともできる[注 3]
モンスターバトルロードII』では「流浪の王 パパス」の呼称で登場。

脚注 編集

  1. ラインハット王がパパスの素性を知っていたかは特に語られない。小説版ではラインハット王はパパスの素性を知っており、若い頃に冒険を共にした親友という設定になっている。
  2. リメイク版では毒の治療はされない。
  3. 青年パパスのグラフィックがある。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。