FANDOM


ドラゴンクエスト ファンタジア・ビデオ』は、スクウェア・エニックスコンピュータRPGドラゴンクエストシリーズ』の世界観を実写映像にて表現し、1988年に発売されたオリジナルビデオ作品である。

概要 編集

すぎやまこういち指揮・アレフガルド交響楽団(東京都交響楽団選抜メンバー)による、『ドラゴンクエスト(第1作)』『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』(以下、『DQI』・『DQII』・『DQIII』と表記)の3作から選曲された楽曲のオーケストラ演奏に合わせ、オーケストラ演奏の映像と原作ゲームをイメージした映像が交互に流れるという構成になっている。

以下のように良くも悪くもツッコミどころが多数あり、ファンの間では「奇作」「怪作」「珍作」と評価されることが多い。ちなみに制作費は1億5000万円。

  • 庵野秀明を始めとする、今では考えられない豪華スタッフ。
  • 登場する武器、防具、モンスター等の造形物製作は、国内最大のガレージキット即売イベントワンダーフェスティバルの創設集団でもあるゼネラルプロダクツが担当した。この内、「ロトのつるぎ」は硬質塩化ビニル製の実物大ガレージキットとして市販もされていた(既に絶版。入手困難)。
  • 竜王が口から吐く火炎は、ガソリン燃料とする工業用火炎放射器によるもの。
  • 特殊メイクによる竜王、奇抜なメイク(隈取)を施したヒミコ、顔が濃い外人のおっさんの王様、神父、武器屋の親父など「濃い」キャラクターが多いのも見所である。
  • その一方で勇者たちは普通に日本人たちである。
  • 主人公は『DQIII』の勇者風だが、仲間2人は『DQII』のサマルトリアの王子とムーンブルクの王女。その3人が『DQI』の竜王を倒しに行くという具合に、設定が混ぜ合わされている。
  • 特撮を駆使した竜王との戦いはもちろんのこと、その他の悪魔神官やヒートギズモなど当時では最先端の技術を駆使して合成を行った。
  • スライムが半ば型崩れしていたり、目がイッていたりと原作とほぼ同形にもかかわらず原作からは考えられないほど恐ろしい物になっている。
  • そのスライムが勇者の料理していた鍋の中に落ちて溶け、その上何を思ったか勇者はそのスライムが溶けた鍋を大事に抱えて逃走するシーンがある。
  • 賢者が魔法使いに出会ったときに右手を手袋から外して、丁寧にぬぐっている。

など。

キャスト 編集

スタッフ 編集

テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。