FANDOM


ドラゴンクエストシリーズ > ドラゴンクエストモンスターズ > ドラゴンクエストモンスターズ キャラバンハート
ドラゴンクエストモンスターズ
キャラバンハート
ゲーム
ゲームジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 ゲームボーイアドバンス
発売元 エニックス
メディア ロムカセット
プレイ人数 1人、2人(対戦)
発売日 2003年3月29日
販売価格 5,980円(税抜)
レイティング CERO:全年齢
セーブファイル数 1 
デバイス トーセ
関連作品

ドラゴンクエストモンスターズ キャラバンハート』は、エニックス(現スクウェア・エニックス)から発売されたゲームソフト。ジャンルはRPG

日本国内で2003年3月29日ゲームボーイアドバンス専用ソフトとして発売された。合併前の日本の株式会社エニックスとして発売された最後のゲームソフトとなった。

概要 編集

ゲーム中に登場するモンスターを育成するRPGであるドラゴンクエストモンスターズシリーズの第3作。対応ハードを前2作のゲームボーイからゲームボーイアドバンスに移しての発売となった。『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』(以下『VII』)の登場人物キーファの幼少時代の外伝である。

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド』や『ドラゴンクエストモンスターズ2 マルタのふしぎな鍵』とは雰囲気が異なり、広大な世界を3台の馬車を引き連れて冒険する。歴代のドラゴンクエストシリーズと比較すると非常に大規模なパーティを引き連れての冒険となる。本作は「やせい」のパラメーターが廃止され、後の『ジョーカーシリーズ』も同様となる。

本作では通信対戦以外の通信要素が皆無である。

システム 編集

キャラバン 編集

各馬車には「ガードモンスター」1体と、様々な職業を持つ人間キャラクター最大4人を乗せることができ、最大でモンスター3体と人間12人のキャラバンを組んだ冒険が可能。ただしモンスターや人間キャラには1~7までの重さがあり、ガードモンスターと乗せた人間の合計が馬車の最大積載量をオーバーした編成は出来ない。重さはキャラによって違う。乗せた人間キャラには1~3のランクがあり、高いほど効果が大きい。同じ職業を持つ人間同士を馬車に乗せると威力や効果が変化する。例えば、ランク1の戦士でも2人乗せればランク2の戦士同等の効果を発揮する。ただし、合計が3以上になってもランク3と同じ効果しか出ない。つまり、ランク3の同じ職業の者を3人乗せても勝手に連携してランク3の効果を発揮してしまう。ただし、同じ職業のものを同じ馬車に4人乗せると『究極連携』が発動し、凄まじい効果を発揮できる。この場合、乗せた仲間のランクは関係ない。敵モンスターと直接戦うのはガードモンスターであり、人間キャラクターは戦闘や移動をサポートする役割。そのため、ガードモンスターが死んでしまうとその馬車に乗っている人間は行動できない。ガードモンスターが全滅するとゲームオーバーと見なされる。

食料 編集

本作には「食料」の概念がある。食料は数字で表され移動中に右上に表示される。フィールドやダンジョンの移動、またはフィールドで起こるイベントなどで徐々に減少し、0になるとガードモンスターのHPが徐々に減るようになる。引き連れている仲間が多いほど食料の減少速度は早くなる。食料は「町で購入する」「アイテムとして持てる食べ物を『使う』」「狩人や釣り士の特技を使う」「特定のモンスターを倒す」「フィールドにおけるイベント」で調達することができる。食料の上限値は冒険を続けるに従ってある程度まで上昇する。 特定の職業を連れていると減少を抑えられるほか、フィールドにおけるイベントで減少が早くなったり遅くなったりもする。

キャンプ 編集

冒険の拠点は「キャンプ」である。キャンプは町や村のように機能し、回復やセーブを行うことができる。連れているメンバーによって様々な施設が増える場合もある(商人で道具屋、遊び人でカジノなど)。キャンプはキャラバンとともに自由に移動させることができるがダンジョン内には入れず、移動中は食料を多く消費する。

転身システム 編集

従来の配合システムの代わりに、モンスターに2つの「心」を吹き込ませ、呪文・特技を継承させて別モンスターにする「転身システム」が採用された。従来のように敵モンスターを直接仲間にすることはできないが、敵モンスターの「心」を手に入れることで既存のモンスターを「転身」させ、新しいモンスターを仲間にすることができる。モンスターのみならず人間キャラの「心」も吹き込むことができる。その場合は特定の能力値や耐性(ランクが高い心だと複数の耐性)が上昇する。

テンプレート:ネタバレ

世界観 編集

本作の舞台となる「伝説の大陸」とは、『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』(以下『II』)の数百年後の世界である。よって、本作のオープニングの序曲は『II』と同様のもの(ドラゴンクエスト・マーチ)が使用されている。

『II』に登場した町、村、塔、洞窟は残っているが、時代の流れでサマルトリア城以外の王制は崩壊している。また、数百年経過していることもあり、一部の地形が『II』とは異なっている。『II』の決戦地であったロンダルキアにも行くことができ、そこにあるドメディの城(ハーゴンの神殿があった地)では『II』でハーゴンの前座で戦ったモンスターがパワーアップして登場するなど、旧作のファンの心をくすぐる内容となっている。なお、『ドラゴンクエスト』の舞台アレフガルドは最初は水没しているが、ロンダルキアのイベントを達成することで復活する。

登場キャラクター 編集

メインキャラクター 編集

キーファ
本作の主人公。名前は変更可能。『VII』で主人公とともに冒険をする仲間として登場したグランエスタード国の王子だが、本作ではその少年時代。ある日、旅の扉で「伝説の大陸」を訪れる。そこで出会ったルインの親を助けるべく、集めるとどんな願いも叶うといわれる「オーブ」を集めるために旅立つ。
ルイン
伝説の大陸に住む男の子。両親が病気で倒れてしまい、両親を救うためにキーファとともに旅に出る。
フォズ
『VII』ではダーマの神官として登場した少女。本作ではモンスターを「転身」させる能力を持っている。
ギャバン
キャラバンの編成を手助けしてくれる老人。

幻魔 編集

マガルギ
ラダトーム城に住む幻魔の王。キーファを伝説の大陸に導いた張本人。ロトのオーブを持ってきたら願いを叶えると言うが…?
カカロン
ローレシア城に住む幻魔。青い肌の女性で、背中に蝶の羽が生えている。美食家。
バルバルー
ローラの門に住む幻魔。緑の肌の筋骨隆々の男性。戦いを生きがいとしており、キーファに勝負を挑む。
クシャラミ
ムーンブルク城に住む幻魔。肌の色は桃色で、踊り子のような衣装を着ている。美しい物を好む。
ドメディ
ロンダルキアに住む幻魔。肌の色は赤く、四本の腕を持つ。四人の幻魔の中で一番偉い。

カカロン以下4人は『VII』の特技「げんま召喚」で呼び出される4体の幻魔と同名である。

その他ボスキャラクター 編集

竜王
滅びたはずの竜王の城に住む。理性を失っているようで、突如戦いを挑んでくる。
ギスヴァーグ
本作のラスボス。幻魔達を超える力を持ち、捕らえることはおろか操ることすらできる。

職業 編集

戦士
斧で敵1体を攻撃する。
剣士
細身の剣で敵を複数回攻撃する。
武闘家
自らの肉体で敵1体を攻撃。会心の一撃が出ることもある。
魔法使い
呪文で複数の敵を攻撃する。
地図士
連れているとフィールド、ダンジョンのマップが分かる。戦闘中はガードモンスターの素早さを上げる。
占い師
オーブの場所、ダンジョン内の階段の位置が分かる。戦闘中は敵1体のHP、MPを教えてくれる。
僧侶
ガードモンスターのHPを回復する。
盗賊
敵のアイテムを盗む。キャラバン内ではゴールドの預け入れをしてくれる。
狩人
敵1体を状態異常にする矢を放つ。移動中は狩りに行って食料を増やしてくれる。
踊り子
踊りで敵全員を状態異常にする。
商人
ゴールドを見つける。移動中は宝の数を教えてくれる。キャラバン内ではアイテムを売ってくれる。
騎士
ガードモンスターが受けるダメージを軽減する。
医術士
味方全員の状態異常を治療する。
魔物使い
戦闘中、モンスターが心を落としやすくなる。
釣り師
敵1体の動きを封じる。移動中は魚を釣ってくれる。
吟遊詩人
歌で敵全員を状態異常にする。命名士の資格を持っているため、キャラバン内ではガードモンスターの名前を変えることもできる。
メタルハンター
敵1体に防御力を無視したダメージを与える。
賢者
攻撃、回復呪文の両方を操る。
料理人
移動中の食料の減少を抑えてくれる。戦闘中はガードモンスターのMPを回復する。
遊び人
戦闘中、気まぐれな行動をとる。
ギャンブラー
敵か味方、どちらかのHPを半分に減らす。
転生士
戦闘中、倒したモンスターを人間にし、仲間にする。

関連商品 編集

攻略本 編集

  • Vジャンプブックスゲームシリーズ ドラゴンクエストモンスターズ キャラバンハート(ISBN 4-08-779235-8)
  • SE-MOOK ドラゴンクエストモンスターズ キャラバンハート 公式ガイドブック(ISBN 4-7575-0931-6)
  • SE-MOOK ドラゴンクエストモンスターズ キャラバンハート コンプリートガイド 究極の馬車隊(ISBN 4-7575-0979-0)

外部リンク 編集