FANDOM


デボラ (Debora Briscoletti/Pandora/Griselda/Débora/Debora)は、ドラゴンクエストV 天空の花嫁のキャラクター。

人物解説 編集

ルドマン邸に住む気が強くかなりわがままで高飛車、黒髪に赤いバラの髪飾りと左目下に泣きボクロがある女性。フローラと同じくルドマンの養女で、彼女の実姉である。幼い頃、フローラとともに主人公パパスと出会う場面がある。昔からアンディを色々とこき使っていたようである。しかし、大ヤケドを負って帰ってきた彼を妹は看病するが、彼女は一切お見舞いにも来ず、彼の両親からは苦言を言われる。よって町の人たちからも彼女のいいウワサが聞かれない。自立心が非常に強く、父の監視をかいくぐり家出するなどおてんばな一面もある。主人公がプロポーズするシーンでは何の脈絡もなく「仕方がないから結婚してあげる」と乱入する。結婚後は彼を「しもべ」扱いし、褒め言葉には「小魚」など独特の言い回しを用いるが、実際は彼女なりの不器用な愛情表現である。また、不幸な境遇にある人物に対しては気遣いを見せ、彼が人助けを拒否すると「人としてどうなのか」と怒るなど、心優しい一面も持っている。フローラ同様、ルドマン邸に宿泊できる(前半では別荘も可)。
序盤は気の荒さや傲慢さが目立つが、物語終盤で結婚相手として名乗りを上げた理由を主人公に一目惚れしたからであったことと、3人の花嫁候補の中では自分が最も劣った存在であるという自覚があったことを明かし、主人公が自分を選んでくれて感謝していたことを告白する。
主人公と結婚しなかった場合は、独身のままルドマン宅の3階の自室で暮らすことになる。年齢を重ねても性格は変わってない。
3人の内でも突出した肉弾戦闘タイプ。ちからと身の守りが女性キャラクターでは最も高くそれ以外の能力も高めに設定されている。防具はビアンカやフローラとほぼ同じものを装備できるが、武器については金槌などを装備できる。また彼女専用武器としてシャイニーネイルダイヤモンドネイルの2種類、専用防具はシルクワンピースフラワーパラソルの2種類ある。逆に帽子類は装備できない。覚える呪文はビアンカやフローラに比べると少なく(補助系呪文については他2人と共通のものを習得できる)、他の2人が覚えないメダパニザキを覚えるかわりにメラ系イオ系の呪文は覚えられない。
モンスターバトルロードII』では「第三の女 デボラ」の呼称で登場。